2013年03月09日

サムライJAPAN 勝利

 野球の第3回ワールド・ベースボール・クラシックパン、延長戦で台湾破る…4―(WBC)の2次ラウンドで、3連覇を目指す日本(1次ラウンドA組2位)は台湾(同B組1位)と8日、東京ドームで対戦。延長戦の末、日本が4―3で勝利した。

 勝った日本は10日にオランダと、敗れた台湾は9日にキューバと対戦する。

 【経過】
 日本は能見(阪神)が先発し、台湾は米大リーグで活躍した右腕、王建民。
 初回、日本は井端(中日)、内川(ソフトバンク)が安打を放ったが無得点。台湾は能見に三者凡退。
 二回、日本は三者凡退。台湾は二死から2本の安打で好機を作ったが、無得点だった。
 三回、日本は稲葉(日本ハム)の中前打などで二死三塁としたが、井端が三ゴロ倒れて無得点。台湾は二死満塁から押し出し四球で先制した。日本は2番手で摂津(ソフトバンク)が登板し、後続を抑えた。

 四回、日本は二死から糸井(オリックス)の二塁打と坂本(巨人)の内野安打で一、三塁としたが、中田(日本ハム)が遊ゴロで得点出来ず。台湾は摂津の前に三者凡退。
 五回、日本は二死一、三塁から内川が三ゴロに倒れた。台湾は摂津から長短打を放ち、追加点を奪った。
 六回、日本は無得点。日本は田中(楽天)が3番手で登板し、無失点に抑えた。
 台湾は先発の王建民が六回まで無失点の好投でマウンドを降りた。

 七回、日本は二死二塁から1番・角中(ロッテ)の代打・長野(巨人)が三振に倒れた。台湾は田中の前に三者凡退。
 八回、日本は無死一、三塁から阿部(巨人)が右前適時打を放ち、1点差に。さらに一死一、二塁から坂本の左前打で追い付いた。台湾は無死から3連続安打で3―2と勝ち越し、田中をノックアウト。日本は山口(巨人)、沢村(巨人)の継投でその後のピンチをしのいだ。
 九回、日本は二死二塁で井端が中前適時打を放ち3―3の同点とした。台湾は九回二死二、三塁と好機を作ったが無得点。試合は延長戦に突入した。

 十回、日本は一死二、三塁から中田の犠飛で4―3とし、この試合初めて勝ち越しに成功した。日本はこの回から杉内(巨人)が登板、走者を許したが無失点に抑えた。
(読売新聞 より
スポーツはいいね おいらは野球がだい好き 井端選手はプレッシャーに強いアッパレだね 次は3月10日 がんばれ JAPAN・・・。
017 前田.jpg
ポチっとね。
広島ブログ

広島ブログ

ポチッ 
人気ブログランキングへ

 





   















posted by ドリンキンクラブ at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。