2012年02月25日

お金は日本国内で使うべきか?

海外旅行をしたりしていると、

「震災復興のため、日本国内でお金を使うべきだと思います。」

という意見をよくもらいます。


そのため、このことについて考えてみたのですが、

確かに、出来ることなら、日本国内で使うべきだとは思いました。


しかし、その一方で、こういうことを言っているだけでは、

最終的には国際競争で負けると思いました。



どういうことかといいますと、

これは、田舎の商店街の主張と同じだからです。


つまり、田舎に巨大スーパーができたときに、

田舎の商店街の店主は、

「地域活性化のため、商店街でお金を使うべきだ。」というわけです。


しかし、巨大スーパーに負けない価格とサービスを

提供しない限り最終的には淘汰されてしまうのです。



そのため「震災復興のため、日本国内でお金を使うべきだ。」というのは

ごもっともなのですが、それを理由に消費者を動かそうとしても、

実際には厳しいというわけです。


「震災復興のため、日本国内でお金を使うべきだ。」と

本気で思うのであれば、諸外国に負けない、

魅力的な商品やサービスを作るしかないです。



なお、最近、この話に限らず、商品やサービスが売れないことや

消費者のせいにする傾向がありますが、

これも、ほとんど同じです。


どれだけ「消費者が悪い。」と言ったところで、

消費者はなかなか買うようになりません。


消費者に選んでもらうためには、

消費者の価値観を変えようとするのではなく

消費者の価値観にあったものを提供する必要があるわけです。



あと、話は変わりますが、日本国内で日本ブランドを買っても、

実は、中国製品だったり、

外資系ファンドが株を所有する会社だったりします。


ユニクロはほとんど中国製ですし、

アップルではなくソニーを選んだところで

株主は外資系が多かったりするわけです。


そのため、グローバル化した現代においては、

ある特定の国を支援するためにに買い物をするというのが

そもそも難しくなってきています。


日本人だけが株主の会社の純国産品を

なるべく買うべきだと言っても、

そういう商品があまり売ってないので、実際は難しい話ですね。
(川島和正氏のメルマガより)

日本人だったんだと、アメリカに行って気がついた。こんな世の中と自分を捨ててみた。
詐欺師の民主党が消費税を上げれば、おいらは日本の製品を買うために、もっと苦労するのだろうね・・・。

追伸
「一丁協力してやるか!」600円  買ってね〜・・・。
アマゾンキャンペーン ⇒ http://8ds.jp/naz.html 
ブログなどで
ご紹介いただけると本当に助かります。
(川島和正氏のメール) 

日本の片隅で 朝から一杯 こんなオイラに ポチっとお願いです。
広島ブログ

二杯目からは ポチっと こちらにも 
人気ブログランキングへ

012 カープ.jpg
  





   










posted by ドリンキンクラブ at 06:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
農協が躍起になって反対しているTPPについてはいかがなものでしょうか?
Posted by なんでも辛口 at 2012年02月26日 06:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253923334

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。