2011年12月25日

「ことわざ」を信じると損する理由

石田健さんの新刊「早起きは3億の得」を読んでいたら

「ことわざを疑え!」という話がありました。


これを読んでいて、確かに

ことわざを信じて損している人だらけだなと思いましたので

シェアしようと思います。



世の中の多くの人を見渡すと、

ことわざ=正しい、と思い込んで疑わない人だらけです。


そして、自分の今の行動を証明するために

ことわざを例に出して使ったりします。


例えば、行動しないでウジウジしている自分を肯定するために

「出る杭は打たれる」とか「石橋は叩いて渡れ」と言うわけです。



しかし、実際には、

出る杭は打たれることも、打たれないこともあるわけですし、

石橋をたたいて渡るより、さっさと渡ったほうがいいこともあるわけです。


つまり、ことわざにしばられず、

状況に応じて判断したほうがいいのです。



また、例えば「火の無いところに煙は立たぬ」と信じていると

どうなってしまうのかというと、嘘に騙されてしまいます。


例えば「あなたの彼氏は浮気している」という嘘を聞かされた場合、

本当は浮気をしていなくても、

嘘をついた人より、彼氏を疑ってしまうのです。


そして、せっかくの良好な関係を破たんさせてしまうことに

つながるのです。



というわけで、ことわざを信じても、あまりいいことはありませんので、

昔から言われていることだからという理由で、

信じないようにすることをオススメします。


ことわざこそ洗脳ツールだと思って、疑ったほうがいいですね。



なお、石田健さんの新刊には

こういった役立つ話がたくさん入ってますので、

ぜひ見てみることをオススメします。
(川島和正氏のメルマガより)

おいらはことわざが大好きみたい 短い人生の坂を下りながら 時には洗脳されて生きていくのもいいですよね・・・。


孤独をいつのまにか 寂しがりやと勘違いしてる こんなオイラに ポチっとお願いです。↓
広島ブログ

サンタさんは来なかった よければ ポチっと こちらにも ↓
人気ブログランキングへ






























posted by ドリンキンクラブ at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242416137

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。