2012年07月19日

夏に行きたいご当地“奇祭”とは?

夏休みの計画、みなさんはもう立てましたか?「どこかに旅行に行こうかな」なんて考えている人も多いのではないでしょうか。国内旅行の醍醐味のひとつといえば、ご当地グルメやご当地キャラなど、土地の文化に根ざした“ご当地感” たっぷりのモノやコトとの出合い。初めての体験に「なんだこれ!」と驚くことは、知らない土地を旅する大きな楽しみですよね。

で、こうした“ご当地モノ”成分がひときわ濃厚なのが、各地で開催される「お祭り」。一説によると日本は年間30万もの祭りが開催されるといわれる“お祭り大国”で、全国津々浦々には数多くのユニークなお祭りが点在しているそう。いずれもその土地の伝統や文化が根ざした、ある種ガラパゴス的な進化を遂げてきたものばかりなのだとか。

そこで今回は、『奇妙な祭り-日本全国“奇祭・珍祭”四四選』(角川oneテーマ21)などの著書を持つ作家の杉岡幸徳さんに、全国各地のユニークな夏祭りを教えてもらいました。杉岡さんおすすめの奇祭は以下の通りです。

○「撞舞(つくまい)」(7月29日/茨城県龍ヶ崎市)
蛙の面をかぶった「舞男」が高さ14mの柱にのぼり、笛や太鼓のお囃子にあわせて綱渡りや逆立ちなどを披露するアクロバティックなお祭り。

○「筑波山ガマまつり」(8月5日/茨城県つくば市)
「ガマの油」が名物として知られた、筑波山で行われる奇祭。名人口上師による「ガマの油売り口上」の実演は見もの!

○「近江中山の芋競べ祭り」(9月1日/滋賀県日野町)
中山地区の東西ふたつの集落が、神様の前で里芋の根元から葉先までの長さを競い合うという、全国でも類を見ない奇祭。西が勝てば豊作。東が勝てば不作なのだそう。

○「面掛行列」(9月18日/神奈川県鎌倉市)
別名「はらみっと行列」と呼ばれ、源頼朝が隠れ里の娘をはらませたことが始まりとされる。爺(じい)、異形(いぎょう)など面をかぶった十人衆が町を練り歩き、行列の最後尾にはおかめの面をつけた妊婦(はらみっと)と産婆がついて歩く。安産祈願の神事。


空中を舞ったり、ガマ油を売ったり、芋の葉の長さを競り合ったり…。いずれも「なんでこうなった?」と驚かされるような祭りばかり。土地の文化に根ざしたローカル感といい、そこでしか体験できない希少性といい、まさに“ご当地モノ”の魅力が詰まっています。

では、杉岡さん。奇祭の魅力をひと言でズバッと教えてください!

「奇祭とは日常生活の論理が通用しない世界。それを見ることによって、私たちは退屈な日常や常識から飛び出すことができる。そこが魅力です」(杉岡さん)

なるほど。そもそも祭り自体が“非日常”なのに、それに輪をかけて“非日常”というわけなんですね。この夏は退屈な日常を飛び出すために、奇祭めぐりでも行ってみますか!
(R25より)

それ〜でもま〜って〜る 夏休み♪ 祭りって聞いたらそれだけで楽しくなるおいら 「筑波山ガマまつり」へ行ってみたいな・・・。

008 スーパードライ.jpg

こんな日には、心にも汗をかきながら、働いてみようかな こんなオイラに ポチっとお願いです。
広島ブログ

いつも おつかれさまです  ポチッ 
人気ブログランキングへ

  





   















posted by ドリンキンクラブ at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

“糖尿病”に立ち向かう若きリーダー

★池田病院院長の池田弘毅さん(40)
 患者数1170万人。予備軍を含めると、その数は2210万人にも上るとされる糖尿病。国民病とも言えるこの病気に立ち向かう若きリーダーが兵庫県尼崎市にいる。

 阪急神戸線「塚口駅」からすぐの池田病院は、開院40年の歴史を持つ糖尿病専門病院。創業者である父を継ぎ、今春から院長として病院運営の舵を取る池田弘毅医師は、「医者になるなら糖尿病と決めていた」と言う、糖尿病治療のサラブレッドだ。

 初期には症状がなく、出た時には進行している糖尿病。症状がないうちにどこまで治療ができるかが勝負となるのだが、無症状の人がそう簡単に治療に向き合えるものでもない。

 「まずは糖尿病を放置したらどんな恐ろしい結末が待っているのかを正しく理解してもらい、その上で“できる範囲”のことから取り組んでもらうようサポートしていきます。できないことを言ったところで続きませんからね(笑)」

 病気が進んでいく時は“悪い連鎖”に陥っているが、その鎖を断ち切ることで、“良い連鎖”に向かわせることは可能だと池田医師はいう。

 「早期でのインスリン治療の導入などは、まさに悪い連鎖を断ち切る上で重要な手段。断ち切ることができれば、後にインスリンから離脱できることも多い。食事療法も型通りの制限食にこだわらず、個人の好みも取り入れ、今より少しでも良い内容になるよう、具体的に指導します。そうすることで積極性が出るし、治療の成果が数値となって出てくれば、患者自身もうれしくなる。治療に前向きになれるものなんです」

 遠方に転勤した患者が、その後も池田医師の治療を求めて通ってくるケースも珍しくない。糖尿病治療は長い付き合いになるからこそ、名医、良医との関係は重要なのだ。(長田昭二)

 ■いけだ・ひろき 1971年兵庫県生まれ。98年長崎大学医学部を卒業後、京都大学医学部附属病院内科研修医。国立姫路医療センター勤務の後、2001年京大大学院医学研究科進学。05年同修了。北野病院糖尿病内分泌センター副部長を経て、09年池田病院内科部長。今年4月より現職。日本内科学会認定医。日本糖尿病学会専門医・学術評議員。医学博士。趣味は料理。
(夕刊フジより)

おいらも生活習慣病 たばこをやめたり 酒をやめたり むやみに走ったり 人生これでいいのかな・・・。

005 ゆず.jpg



国民の生活が第一 カープの勝利も第一 うれしいね こんなオイラに ポチっとお願いです。
広島ブログ

いつも おつかれさまです  ポチッ 
人気ブログランキングへ

  





   
















posted by ドリンキンクラブ at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

楽天・三木谷氏「1000時間で日本人は英語が話せるようになる」

『たかが英語!』三木谷 浩史 講談社

 楽天は7月から社内の公用語を英語に変えます。その意志を楽天の三木谷浩史さんが社員の前で初めて明らかにしたのは2010年1月のこと。

 それから2年かけて徐々に、プレゼンテーション資料や食堂のメニューを英語に変え、スピーチや会議での使用言語を段階的に英語に切り替えてきました。さらに、昇格用件に「TOEIC」のスコアを組み込むことを決定。すると、楽天の東京本社が置かれている品川周辺の英会話教室は、昇進できないどころか降格する可能性すら出てきた楽天社員でどこも満杯状態に。

 こうした施策が功を奏し、楽天社員のTOEIC平均スコアは526.2点(2010年10月)から、687.3点(2012年5月)まで上がり、なかには400点以上伸びた社員も。いまや楽天内の会議の72%は英語で行われており、35%の社員は海外の子会社やパートナー企業と英語でコミュニケーションをとっている。

 なぜ、楽天は社内公用語を英語に変えたのでしょうか。三木谷さんは、「世界企業は英語を話すからだ。これからの日本企業は世界企業にならない限り生き残れない」とその理由を語ります。創業以来「世界一のインターネットサービス企業になる」という目標を掲げていた楽天は、海外展開するにあたり、通訳が入るとお互いの意思疎通がワンテンポ遅れてしまうことに歯痒さを感じていたそう。

 そこで、目に止まったのが、楽天のインド人や中国人の社員。彼らが、わずか3ヶ月で日本語がしゃべれるようになっていたことに気がつき、三木谷さんは終始、英語に触れられるような環境を社内に作り出すことをひらめいた。

 三木谷さんの仮説によれば、一般的な日本の社会人がコミュニケーションレベルの英語を習得するのに必要な時間は「1000時間」。前出のインド人や中国人の社員が、毎日10時間程度は日本語に触れていると考え、3ヶ月経つと彼らの日本語漬け時間はだいたい1000時間を超える計算になるから。
 
 また、三木谷さんは、英語を習得した海外の優秀な人材を迎える重要性についても語る。
 「海外展開を進めるとき、日本人だけで世界を相手に戦えるだろうか。外国人枠の定められた日本のプロ野球と、そういう枠のないメジャーリーグの差を比べてみれば、その答えは明らかだろう。世界中から優秀なプレーヤーを集められるメジャーリーグの方が強いに決まってる。企業も同じだ」(三木谷さん)

 ちなみに社内公用語を英語化するにあたり、各方面で賛否両論が沸きあがりましたが、三木谷さんは心ひそかに「たかが英語じゃないか」と考えていたそう。

 なぜなら、「今後、業務にパソコンが必須なので、パソコンの操作を覚えてください」と「今後、業務に英語が必要なので、英語を使えるようになりましょう」は、同じレベルの話だと思ったからだそう。大胆な仮説を立て、それを実行することを得意とする三木谷さんらしい発想だ。
(WEB本の雑誌より)

たかが英語なんだよね おいらも1000時間やってみると、あこがれのあの人とコミヌケーションできるかな・・・。 

005 長崎カステラパイ.jpg

サマータイムブルースを唄ってみるかな こんなオイラに ポチっとお願いです。
広島ブログ

いつも おつかれさまです  ポチッ 
人気ブログランキングへ

 





  
















posted by ドリンキンクラブ at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。