2012年06月07日

みんな平等であるべきか?

あなたは「みんな平等であるべきか?」と聞かれたら、

なんと答えますでしょうか。


おそらく、多くの人が「平等であるべきだ!」と

答えてしまうのではないかと思います。


日本の義務教育では、何かにつけ平等が良しとされるからです。



しかし、悩みを抱えずに楽しく暮らすには、

平等であるべきと思わないほうがいいです。


なぜかというと、

みんな平等になることは絶対にありえないからです。


絶対にありえないことを期待したところで、

期待を裏切られて悩みを抱えるだけになります。


「毎日晴れるべきだ!」と主張し続けて、

雨が降るたびにショックを受けつつ、

「毎日晴れるべきだ!」と言い続けているのと同じです。




ブサイクが、美人を優遇する男に対して、

それは不平等だと言っても、現実は変わりません。


また、美人に対して、

お前も平等にブサイクになれと言っても、

相手はブサイクにはなりません。



「平等であるべきだ!」と主張しても、

つらい思いをするだけですので、

現実を受け入れたほうが余程楽です。


人と比べて平等を主張するより、

自分なりの幸せを探したほうが、

気分よく暮らせるので、そうしたほうがいいですね。
(川島和正氏のメルマガより)

おいら、 平等がいいな 民主主義の世の中では無理なんだよね。いやだけど現実を受け入れるふりをして、短い人生を気楽に生きていきたいね・・・。

003 白い恋人 2.jpg

カープが勝ったふりをして ラッシュアワーの旅にでる  こんなオイラに ポチっとお願いです。
広島ブログ

いつも おつかれさまです  ポチッ 
人気ブログランキングへ

  





   















posted by ドリンキンクラブ at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。