2011年12月08日

子どものいいところを見つけるヒント

「お子さんのいいところを、10個挙げてください」と言われたら、あなたは何個挙げられますか?

 5個くらいまではすらすら言えても、10個となると考えてしまうかもしれません。人はもともと悪いところを見つけるのは得意ですが、いいところを見つけるのはそれほど得意ではないのです。

 一方で、子どものいいところを見つけ伝えることは、子どもにとても良い影響を与えます。ここでは、子どものいいところの見つけ方をお伝えします。

■人と比べるのではなく、本人の進歩を認める

 子どものいいところというと、運動神経がいい、字が上手など、相対的な内容を思い浮かべることが多いと思いますが、それだけではありません。子どもが前日よりも、一週間前よりも、少しでも進歩していれば、それがいいところになるのです。

 例えば、7時に起きるべき子どもが、7時半にしか起きられなかったとします。そんな子どもが、7時15分に起きることができるようになれば、その頑張りはいいところになるのです。

 縄跳びの二重跳び。クラスの子どもたちが平均10回跳べるのに対し、2回しか跳べない子がいたとします。その子どもが努力し、5回跳べるようになれば、平均以下でもその頑張りはいいところになるのです。

■短所を長所ととらえる

 長所と短所は、表裏一体です。とらえようによっては、良くも悪くもとれることを、子どもの良さととらえることが大切なのです。

 例えば、「人のいうことを受け入れない」という短所は、「自分の意見を主張できる」という長所ととらえることができ、「積極的でない」は「慎重である」といった具合に短所は長所となり得るのです。

■自分に自信のある子どもは何事にも前向き

 「自分にたくさんいいところがある」と思える子どもは、自分に自信を持つことができます。自分に自信を持つことができれば、自分自身の長所も短所も含めて、自分を好きになることができます。

 それにより、肯定的に物事をとらえることができるようになるため、何事にも前向きな態度で取り組めます。困難なことに出会って失敗しても、プラス思考で臨み、乗り越えていけます。

■自分に自信が持てない子どもは努力しない

 親が自分を認めてくれていないと思う子どもは、自分に自信が持てません。自分に自信が持てないと、物事を前向きに考えられず、何かうまくいかなかったときに、人のせいにし、努力をやめてしまう場合があります。

 子どもは自分のいいところに気がついてない場合が多いのです。だからこそ、いいところをできるだけたくさん見つけて、そのことを子どもに気づかせることが重要です。
(All About より)

おいらの子供も今度は大学生、良い人生を歩んでほしいものですね・・・。


頑張れないけどいいんです こんなオイラに ポチっとお願いです。↓
広島ブログ

今日がよければ ポチっと こちらにも ↓
人気ブログランキングへ




























posted by ドリンキンクラブ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

1万円以下で買える放射能測定器

首都圏で発見されるホットスポットや、地中に埋まった放射性物質入り容器についての報道を見るにつれ、過剰反応かなとは思いながらも、やはり自分の周りの放射線量が気になります。

新聞やニュースでは、地域ごとの空間放射線量なども報道されていますが、地形の特徴などによっては、放射性物質が溜まりやすい場所もあるとのこと。せめて、ベランダなどの放射線量くらいは計っておきたものです。

とはいえ、放射線測定器は手軽に手に入るような代物でもありませんし、なにを選べばいいかもわかりません。

そんな時に目にしたのが9800円で購入できる放射線測定器「エステー エアカウンター」。1万円を切る価格とホームセンターなどで販売される手軽さは、これまでの放射線測定器にはない特徴です。

ちなみに、エステーとは、消〜臭〜力〜♪のCMでも有名な、日用雑貨のメーカーであるあのエステーです。普段は家庭向けの消臭剤や防虫剤などを販売している会社がなぜに放射線測定器??

そもそもエステーは、消臭芳香剤の「消臭力」や「自動でシュパッと消臭プラグ」では、消臭や香り、湿気とりの「ドライペット」では除湿などの機能で快適な生活空間創りに役立つ商品を多く取り扱っています。また、企業スローガンはズバリ「空気をかえよう」。より創造的・革新的な取り組みに挑戦し、世の中の空気までも変えたいという思いが込められているのだとか。

そんな会社だからこそ、放射線の不安にさらされている多くの生活者に対して役に立てることはないかと考えた結果「エアカウンター」の開発・発売につながったそうです。

開発は、首都大学東京の放射線安全管理学の専門家である福士政広教授の監修のもと、同大学とエステーとの共同開発。放射線が気になる場所で、地上から1mの高さにおいて空気中のガンマ(γ)線を0.05μSv/h〜9.99μSv/hの範囲で測定する仕組みで、最大約5分で測定が可能です。

ちなみに、同教授が併せて監修した放射線等についての基礎知識を掲載した小冊子『正しく覚えよう!放射線の基礎知識』もセットになっており、放射線に関する正しい知識を学ぶこともできます。

実はこの商品、発売前は希望小売価格1万5750円を予定していたのですが、開発段階で他社からの技術提供を受けたことで、さらに性能をアップさせたうえに、価格も9800円に引き下げることができたのだとか。また、2012年春には、技術提供を受けた企業との共同企画・開発によって、さらにスリムで軽量、低価格を実現する家庭用放射線測定器「エアカウンターS(仮称)」の発売も予定しています。

販売ルートは、まず福島県のドラッグストアやホームセンターを中心に先行販売し、その後に販売エリアを徐々に拡大する予定とのこと。過度な不安を解消するためにも、自宅周辺などの測定に1台もっているといいかもしれません。
(R25より)

おいらは感じる 本当は怖かった 原子力発電所ですね・・・。

理屈ばかりをぶら下げてる こんなオイラに ポチっとお願いです。↓
広島ブログ

ポチさえよければ こちらにも ↓
人気ブログランキングへ





























posted by ドリンキンクラブ at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

「浪人・菅野」を待つ厳しい選手生命 江川、荒川ら過去の例を払拭できるか

どうしても巨人に入りたい、と東海大の菅野智之投手がとりあえず「浪人」の道を選んだ。2011年11月21日、ドラフト1位に指名した日本ハムに対し、入団拒否宣言をしたのである。この決断は過去の例をみてもっとも厳しい選択といっていい。

拒否宣言の記者会見で菅野は「小さい頃からの夢(巨人選手)を実現したい」とその理由を語り「来年のドラフトを待つ」と決意を示した。浪人して1年を過ごす、いうのである。
これまで、日本ハム拒否の場合、1)社会人野球に進む 2)米球界に行く 3)浪人する−などの進路が取りざたされたが、結果的に浪人する道を選んだ。その気持ちは分からないわけではないが、投手というポジションを考えると、むしろ「賭け」である。

投手の生命である肩は練習不足になると、瞬く間に衰える。そうなると、当然のごとく球威は落ち、一番いいときのピッチングを取り戻すのは至難の業だ。無理をすれば支障を起こす。浪人となると、練習環境をどう整えるのか、指導者はどうするのか、などの問題が出てくる。巨人の助けを得るわけにはいかないし、東海大でも試合には出られない。

大騒ぎで巨人入りした江川のプロ生命はわずか9年
1位指名投手で入団を拒否した有名な例として江川卓がいる。法大時代、東京六大学リーグで史上2位にあたる通算47勝を挙げ、1977年にクラウンライター・ライオンズ(現西武)から指名を受けた。一浪した後、いわゆる「空白の一日」を突き、すったもんだの末に巨人のユニホームを着た。浪人中、ロサンゼルスやアラスカで練習、試合でも投げ、それなりに調整していた。
しかし、巨人入団の1年目は9勝10敗という不本意なものだった。「浪人中の練習不足は明らかだった」というのが当時の巨人コーチの指摘。大学からすぐプロ入りしていれば、15勝は間違いなく挙げただろう。そのくらい図抜けた逸材だった。3年目に20勝したものの、その後は故障もあって苦しい投球を続けた。結局、9年間しか投げられず、通算135勝で終わった。

「あれだけ大騒ぎ(江川事件)して獲得したのに、たった9年でサヨナラか。巨人はどれほど犠牲を払ったのか」と球団幹部が肩を落とした短期引退だった。肩が元に戻らないどころか、無理をして負担をかけたといわれている。「まともなら通算300勝はした投手だった」と多くの専門家はいまだに浪人後遺症を惜しむ。

もう一人、小池秀郎という左腕投手がいた。亜大のエースで90年のドラフト会議でロッテから1位指名を受けたが、入団拒否。社会人野球に一時避難し、92年に近鉄バファローズから1位指名された。入団したものの、10シーズンで51勝。大学時代にマークした通算394三振(当時の最多記録)のキレはすっかり消えていた。プロ入りしたときには峠を越えていたのである。

ドラフト制度そのものが危ぶまれた「荒川事件」
1位指名を受けた野手で悲惨だったのは早大のスラッガー荒川堯(たかし)遊撃手。一本足打法の王貞治を育てた荒川博の野球養子として話題となり、中日で首位打者を獲得した谷沢健一と同期で東京六大学野球の花形だった。ハンサムでスターの雰囲気を持った期待の大型だった。69年に大洋ホエールズ(現横浜)から指名されたが拒否した後、トレードという形でヤクルト入り。
ところが、拒否などが問題になっていたころ、自宅近くで暴漢に襲われ、頭部に傷を負った。「荒川事件」である。それが原因で視神経に障害が出たといわれ、わずか5年、225試合に出場しただけで球界を去った。悲劇としかいいようがない事件だった。すんなりプロ入りしていれば、かなりの成績を残しただろう。

1位指名を受けて入団拒否した選手にはいいことが起きないというのが過去の例だ。菅野は大変な試練に挑むことになる。江川ほどの投手でも苦しんだ浪人生活。日本ハムは「諦めない」という。「この程度で諦めるのなら最初から指名しなかった」と球団幹部は交渉を続けるつもりだ。まだひと波乱あるかもしれない。
 (J-CASTニュースより)

おいらの人生では、高校生の時の江川投手の速い球が一番だった。投手は早くプロ入りした方がいいんだよ・・・。


もうすぐクリスマス こんなオイラに ポチっとお願いです。↓
広島ブログ

師走も来たよ よければ ポチっと こちらにも ↓
人気ブログランキングへ






























posted by ドリンキンクラブ at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。