2011年10月09日

“剛腕”を病院送りにした「尿管結石」ってなんだ?

 小沢一郎氏が緊急入院したことで、「尿管結石」が注目されている。腎臓と膀胱(ぼうこう)をつなぐ尿管に結石が詰まる生活習慣病で、サラリーマンにも患者は多く、経験者は「とにかく痛いの何のって…」「死ぬかと思った」などと口をそろえる。大の大人が七転八倒する病気だが、何か有効な予防法はあるのか。

 尿管結石は、尿路結石の一種。この病は人口10万人に年間53・2人がかかり、男性は女性の約2倍〜3倍。ストレスが多い、30−50歳の中間管理職に多く見られる。
 結石の成分は数種類あり、大半が腎臓で飽和状態となったカルシウム分の結晶。再発しやすく、一説には「3年で3人に1人」「5年で2人に1人」「10年でほぼ全員」が再び激痛に見舞われる。まさに“時限爆弾”のような恐ろしさだ。

 予防法について、日本医科大多摩永山病院泌尿器科元部長の平岡保紀氏はこう解説する。
 「石の大半はシュウ酸カルシウムの結晶で、表面がギザギザな形になることが多いことから、小さくても尿管に引っ掛かりやすい。シュウ酸はホウレンソウやたけのこ、サトイモなどに含まれ、多量に摂取すると、体内に貯蔵してきたカルシウムと結びついてシュウ酸カルシウムの結晶イコール結石となるのです」

 体によい緑黄色野菜にも含まれるというから不安が募るが、平岡氏は「常識的な範囲で摂取を続ける分には、心配いりません。結石の生成は、尿中に結晶がたまりやすい体質かによって大きく左右される」という。

 そして、こう注意を呼び掛ける。
 「結石予防の“王道”は、バランスが良く規則正しい食事の継続と、十分な水分の摂取につきます。汗っかきの人は、シュウ酸が尿で薄まらずに結晶化する恐れが高いので、特に水分の摂取を意識すること。夜に偏った食事や夜食も、睡眠中に尿中の濃度が高まり、結石ができる好条件ですので極力避けてください」

 いくら水分の摂取といっても、アルコールでは逆に脱水症状になり、清涼飲料水も糖分を多く含むため、あくまでも水がベストとか。お付き合いの多いサラリーマンは、アルコールは適度に抑えて、就寝前のコップ1杯の水が欠かせなさそう。

 「カルシウムを含む食品の摂取を避けるべし」という“風評”もあるが、適量の摂取は、結石成分の尿中への排出を抑制するとの報告もある。
 ともかく、不安定な精神状態が、偏った食事や深酒を招くことも多いため、ストレスをため込むことも避けたい。“未経験者”も食生活を見直した方がよさそうだ。
(夕刊フジより)

おいらも腰が痛かった。当時は手術したけど、今は違うみたい。今でも、味の素が原因だと、おいらは思って敬遠している。幸い20年以上再発はなし。これでおいらも剛腕の仲間入り・・・?。


結石で欠席した こんなオイラに ポチっとお願いです。↓
広島ブログ

カープいいぞ よければ ポチっと こちらにも ↓
人気ブログランキングへ


























posted by ドリンキンクラブ at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

双葉町民 鉢呂前大臣『死の町』発言ありがたかったとの声も

 震災から7か月。チェルノブイリに比して34倍の放射線量とされる福島第一原発の地元・双葉町。いま、この「町」はどうなっているのか。作家の山藤章一郎氏が報告する。
 * * *
 東京・上野から双葉町へは、常磐線で水戸、いわきを経て〈スーパーひたち〉で3時間かかる。
 3・11以前、商社マンのK氏は年に10回以上帰省した。母親のようすを見るのと墓参のためである。文明堂のカステラとわさび漬けをおみやげの定番にした。金曜夜、23時17分に着く。駅前通りは意外にも、明るい。東北電力の街灯が足許を照らし、下水道も完備している。人口7000。
 以下、K氏のおもにカネの話。

「子どものころは、原発はおっかねえ、怖いという人もいたけど、そのうち、慣れっこになって、誰もそんなこといわない。盆踊り、花火大会で、小型トラックの山車が出る。一番先頭に乗る〈東電〉の法被を着た発電所長が町民に愛想を振りまく。だんだん町民から原発の怖さが薄まっていった。

 そしてカネを撒いた。おれは年間、1万1196円の〈原子力給付金〉が東電から振り込まれてる。ああ、これこれ。去年の10月27日。40年もらってきたからトータル50万円。だけど漁民は家も船も補償されて、ひとり当たり数千万に近いカネを手にした。そりゃみんな〈東電様々〉よ。全部、消費者のみなさまの電気代です。
 
もともとここは、昔の相馬藩。なんにも産業なんてなかった。遠く島根や鳥取で食えなくなった人が流れ着いたといわれる場所でね。原発で大きな雇用が生まれた。配管工、足場組み、水道屋、いわゆる作業員です。ほぼ1000人、家族を入れたら3〜4000人。双葉町のこの数が東電で食ってきた。少しかわいい女子は受付や案内嬢に雇われた。
 
歴史博物館というのがあります。埴輪とかそんなものを展示して。この維持経費が年に1億円、入場者は2〜300人。
 ステーションプラザという建物もある。建設費の7億5000万円は東電が寄付した。県のスポーツ施設〈Jヴィレッジ〉の130億円も東電の寄付です。

 生きているうちに双葉に住むことはおそらくない、それなら、早く補償してくれ、カネをくれとみな思ってるのです。
 ダムに沈められた村はいくら出るんですか。双葉町は、家も生活も商売も根こそぎ持って行かれて、東電と国はいくらくれるのか。
 これまで一家族200万円超の仮払い金が降りています。地元の〈東邦銀行〉の預金総量は突然増えたはずです。しかし、〈警戒区域〉の住民が望むのは、そんなはした金ではなく、ダムに沈められ強制移住させられる住民と同額、いや、被曝の危険も加味しなければなりませんから、それ以上です。

 鉢呂大臣が『死の町』といってくれたのはありがたかった。そのとおりで、『死』を早く宣告されたほうが次のステップに動きやすいのです」
(週刊ポストより)

祭りも近い 故郷 一番大切な物 返してほしい 原発なんて・・・。


学習能力のないカープ 同じオイラに ポチっとお願いです。↓
広島ブログ

よければ ポチっと こちらにも ↓
人気ブログランキングへ




























posted by ドリンキンクラブ at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

全国民の収入を減らす方法

現在、世界中の数多くの国が借金だらけです。


そのため、借金の多い国は

本当は支出(公務員の給料など)を減らして、

収入(税金など)を増やして、借金を減らさなければいけません。


しかし、支出を減らそうとすると、

多くの人が大反対してしまうため、

なかなかそうすることが出来ないのです。


特に政治家は多くの人から嫌われたら

当選できなくなってしまうため、

自分の身を守るためにも、支出を減らせないというわけです。



ここで、支出や借金を減らすため何をするのかというと、

通貨の価値を下げてしまうのです。


例えば、月給30万円を20万円に減らしたら

多くの人が怒るわけですが、

通貨の価値を下げても、多くの人はあまり怒らないので、

通貨の価値を下げてしまうのです。



通貨の価値を下げるというのは

具体的にどのようなことかというと、

例えば1元10円を20円にしてしまうということです。


そうすると、中国製品を買おうとしたときに

すべて2倍の値段になり、

給料30万円のままでも買えるものが半分になります。


これで、大きく反対されずに、公務員を含めた

全国民の収入を減らすことができるというわけです。


また、国は、自国の通貨の価値が高いうちに価値が安定しているものを買って、

通貨の価値が下がってから価値が安定しているものを売れば、

借金を大きく減らすことができるというわけです。



なお、実は、世界中の多くの国が

このようなことを行っています。


ほとんどの人は気づいていないのですが、

ほとんどの通貨の価値がぐんぐん落ちていっています。



そのため、貯金を持っていても、安定収入があっても、

ぜんぜん安泰ではありませんので、

このことを意識して人生プランを考えることをオススメします。


見た目の年収や貯金は今と同じままでも、

買えるものの量は3分の2とか半分以下になる

可能性が高いと考えていいくらいです。

(川島和正氏のメルマガより)

線香花火はもう消えてしまうよ〜 ほらこんなにきれいな山に〜なって ♪・・・。


カープの消化試合を楽しむ 悲しいオイラに ポチっとお願いです。↓
広島ブログ

よければ ポチっと こちらにも ↓
人気ブログランキングへ































posted by ドリンキンクラブ at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。