2011年10月20日

自分の故郷への認識が「間違っている!」と感じた瞬間

初対面の人に青森出身であることを明かすと、「実家はリンゴ農園なの?」なんて言われます。確かに青森はリンゴの名産地ですが、みんながリンゴで生計を立てているわけでは……。自分の故郷への認識が「間違っている!」と感じた瞬間について、COBS ONLINEのにアンケートしました。

調査期間:2011/8/30〜2011/9/3
アンケート対象:COBS ONLINE会員
有効回答数1,000件(ウェブログイン式)
今回のアンケートでは、全体の37%にあたる370人が、自分の故郷への誤解を感じたことがあると回答しました。いくつかエピソードをご紹介していきます。

■ドラマや映画の影響!?

「北海道出身だというと、なぜか『北の国から』のような暮らしをしていると思われる。たまにクマが出るんでしょ?とか……。そんなに未開の土地じゃないです!」 (北海道出身/30歳/女性)

「広島出身というだけで、街にヤクザとか多くて怖くない?とか言われます。極道系映画のイメージだと思うんですけど、そんなに怖い人ばかりじゃないし」 (広島出身/23歳/女性)

ドラマや映画の舞台になっているからといって、必ずしもいいイメージが付くとは限らないようで……。

■一括りにしないで!

「東京は冷たい人が多いと言われるけど、みんながみんなそうじゃないです」 (東京出身/24歳/女性)

「神奈川県民が全員、浜っ子や湘南ボーイみたいにオシャレというわけではないです。まあ、今どき浜っ子や湘南ボーイという言葉もあんまり聞かないですが」(神奈川出身/31歳/男性)

普通に考えたら分かりそうなものなんですけどね……。

■そのイメージ、間違ってる!



「九州男児でも下戸はいます」 (福岡出身/25歳/男性)

「静岡出身というだけで、サッカーが上手だと思われる」 (静岡出身/34歳/男性)

「みんな、『なんでやねん』と手ぶりを付けて、ツッコミ入れてるわけじゃない」(大阪出身/27歳/女性)

その誤解に対して、ツッコミ入れたいくらいですよね。

■方言にインパクトがあるからって……

「みんながU字工事みたいになまっているわけじゃない!」(栃木出身/28歳/女性)

「語尾に『りゃー』をつけるとは限りません!」(愛知出身/29歳/女性)

そうです、方言は奥深いんです……!

■名産だからといって……

「毎日うどんを食べているわけではありません」(香川出身/28歳/女性)

「水道からポンジュースが出るわけない!」(愛媛出身/24歳/男性)

落ち着いて、考えて!と言いたいところですよね……。

あまりにも過剰な誤解は困りものですが、出身地トークで会話がふくらむことがあるのも事実。いちいち目くじらを立てていては疲れそうなので、たまには誤解されていることを楽しむような気持ちで出身地トークに望んでみるというのもいいんじゃないでしょうか。

(COBS ONLINE より)

おいらも10月23日の日曜日に、可部の街めぐりで広島を楽しんでみようかな・・・。


秋ですね もみじ饅頭が食べたいオイラに ポチっとお願いです。↓
広島ブログ

よければ ポチっと こちらにも ↓
人気ブログランキングへ





























posted by ドリンキンクラブ at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

僕らは何に「同意」してるの? ネット利用規約の危険な中身

「同意する」。ネットサービスの会員登録時などに見かける、わりとおなじみのボタン。同意しないとサービスを利用できないので、これまでイエスマンのごとく同意してきましたが、一体、利用規約って何が書いてあるのでしょう? 弁護士の水上貴央氏によると…。

「サービス内容によって千差万別ですが、利用規約に記載されているのは主に次のふたつ。個人情報の管理・取り扱いに関してと免責について。いずれもサービス利用時に発生が予想される利用者と運営者の責任関係を明記しています」

その責任関係って誰が決めるんですか?

「公序良俗や個人情報保護法等の法律に反しない限り、企業が自由に規定しています。従って利用規約は基本的に企業側に有利な内容が書かれています。例えば某大手ネット通販サイトには、個人情報に関して『お客様が興味を持たれると思われる商品・サービスのご案内などの目的のために利用いたします』と記載しています。これは個人情報をマーケティング目的で利用する可能性を示唆していますが、それを承知している利用者は少ないでしょう」

利用規約なんて面倒だから読まないので…。ただ、企業側の都合で書かれているなら、読まないと危険な場合もありそうですね。

「(ある出会い系サイトの規約を指して)ここには個人情報の利用目的を『当社が会員にとって有益だと判断するサービス(当社運営サイト及び当社提携企業が提供するものに限ります)の提供』と書いています。注目はカッコ内。これは利用者の与り知らない『提携企業』にも個人情報を利用させる可能性を示唆しています。このような悪質なサイトもあるので、安易に同意するのはやはり危険です」

確かに自分の身を守るためにも、利用規約をきちんと読んだ方がいいのは間違いなさそう。けど、長いものになると数万字に及ぶケースもあるし、毎回読むのはちょっと…。う〜ん、やっぱりこの仕組みには“同意”しかねるなぁ…。
(前島そう/ペンライトより)

おいらも、よく知るところから始めないといけませんね・・・。

人の心は暖かいのさ 明日はもう一度触れたい〜な♪ こんなオイラに ポチっとお願いです。↓
広島ブログ

ひとりごとです よければ ポチっと こちらにも ↓
人気ブログランキングへ





























posted by ドリンキンクラブ at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

今年還暦には見えない有名人ランキング

 干支が一巡し、起算点となった年の干支に戻る事を意味する「還暦」。人間の年齢で言えば、今年満60歳になる人がこの還暦を迎える事になります。60歳といえば、一昔前は一線を退いたリタイヤ世代という印象がありましたが、最近は若者以上に元気に活動する60代も増えており、そのような印象はすっかりと薄れてしまった感があります。

 芸能界においても今年還暦を迎えた有名人が数多くいますが、中でも「この人が還暦?」とその若々しさに驚く人が多かったのが、日本を代表する演技派女優の《桃井かおり》。若い女性からも高く評価されているファッションセンスの良さや化粧品メーカー・マックスファクターのイメージキャラクターを長年務めるほどの若々しさ、チャレンジ精神をもって新しい事に挑戦しようとするその姿は、確かに今年60歳とは思えませんよね。

 2位に続いたのは、雑誌や保険会社などが行う「理想の夫」を選ぶアンケートで常連となっている俳優の《中村雅俊》でした。1970年代に青春ドラマのスターとして人気を博していた事は40代の人なら誰しも知っている事と思いますが、年を重ねた現在もその若々しさに衰えは見えません。妻の女優・五十嵐淳子も今年59歳とは思えない美貌を維持しており、今なお理想の夫婦として幅広い層から支持されているのも頷けますよね。

 昨年の「今年還暦には見えないランキング」で見事1位に輝いた舘ひろしとドラマ『あぶない刑事』でコンビを組んでいた《柴田恭兵》は3位にランク・イン。惜しくもタカ&ユージによる連続制覇とはなりませんでしたが、まだまだ『あぶない刑事』の新作で派手なアクションをこなせそうな若さには驚くばかりですね。

Gooランキング
1・桃井かおり
2・中村雅俊
3・柴田恭兵
4・多岐川裕美
5・山本リンダ
6・三宅裕司
7・岩城こういち
8・大杉漣
9・笑福亭鶴瓶
10・モト冬樹

ワーイワーイ  みんなカッコいいね〜 そうですわからないまま生きていく♪ おいらは頑張らないけどいいんです・・・。


夜の背中を見ている こんなオイラに ポチっとお願いです。↓
広島ブログ

よければ ポチっと こちらにも ↓
人気ブログランキングへ




























posted by ドリンキンクラブ at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。